07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

キャラ考察1 エンドオブエタニティ:ゼファー 


今回から、「今までコスしてきたキャラ」に対する想いとか
そのキャラの考察?見ていて思った事や感じた事とかを綴っていけたら

って思ったのを更新していけたらなって、カテゴリ追加しました♪

ゆるーく、あれこれ私の視察、視点でみての感想とかコスしてみて
思った事とかなどの事を此処に書いて残せたらと思って

※めっちゃめちゃ文章長いですwこれでも収めたくらいですww
何文字打ったかわかんない、でも愛に満ちた大好きなキャラへの語り
ここでさせて下さいw
ただ好きな作品やキャラの事を好きな様に語りたいだけですw



記念すべき第1回目は…「エンドオブエタニティのゼファー」


ゼファーは作中内でも女みたいな顔した少年とまで言われてて
所謂、中性的?な見た目をしてるわけですね

そして、このゲームそこそこ難易度が高い感じでして
操作も慣れるまでが大変かなと…慣れるとめっちゃ楽しいですw

まずはゼファーの事を語るまでにEoEの世界観の事から♪

当時以前から私は筋金入りのトライエース信者です…
トライエースさんの製作したゲームは全てやってます…
トライエースさんが作るゲームの世界観やキャラ設定や曲が大好きです…
そのトライエースさんってスクエニのゲームって印象あったのですが

EoEはSEGAとの共同開発!そして相変わらずの美麗映像♪
もう発売前からwktkしておりました。

人の生死に関わる題材のゲームが物凄く大好きというか好みでして
シリアスが多め、でもギャグがその分ほんと活きる感じの…
その絶妙具合があるゲームがRPGでも好きになりやすいです
こういった作品は意見が極端にわかれることが多いですがw

私はそういった感じのゲームが大好きで
SEGAならではの動き、エフェクトや操作性や見せ方
それにトライエースの独特な世界観やキャラの合わせ方も良くて
シリアスなんだけど、でも何か前向きになれる…みたいな話

主人公が3人ってとこがまた魅力の一つで
運命に抗う少年
運命を克服した少女
運命を受け入れた男

また正義も悪も人によって運命も変わるというか
人それぞれに与えられた試練というか
資料集にも他にはない何かを追求した作品であり
生死とか不老不死とか神の存在とか真面目に考えると馬鹿かも知れない
でもそこを深く掘り下げて物語に組み込んでいる印象です
それに加えて派手なガンアクションでゲーム的な要素も満載

この3人の主人公の中で特に共感というか感情移入したのが
ゼファー、運命に抗う少年。
彼は過去に神学校で洗脳まがいな事を受けていまして…
神を信じない自分を異端者扱いしてくる人達から罵声を浴びせられ

もし本当に神様がいるんだったら、こんないけない事をした
自分を罰して裁くはずだ…と神学校にいる人の全員惨殺したんですね
それから死刑が確定、でも決行され撃たれたはずなのに死ななかった…
世間的には死んだ事扱いになってますが…
でも神は彼を生かした、何かしらの奇跡が起きた

いっそ死んだ方が楽だったのかも知れない

そんな過ちを悔いても償う事さえ出来ない
当時、ああするしかゼファーにとっては他なかったくらい
誰も何も信じられないくらい打ちのめされて
洗脳まがいな事をされて常人ではいられなくなってきて

神学校で追いつめられて逃げ場がなかったのかも知れない…
自分で自分の存在が罪深いと、神が本当にいるんだったら俺を裁くはず
俺が存在している事そのものが神様の否定とまで言い切るくらい
それが許されない事だと分かってはいても、限界だったんだと見て思った


でも今更に何が出来るとか取り返しが出来るのかって
それも不可能で…でも何もせずにはいられなくて…

過去の検死官に1年後に再会した際こう言われて戦闘に入ります
「教えてくれ、何故お前が生き延びて彼らは死んだのか?
お前にはそれ以上の価値があるのか?
存在自体が神への冒涜、頼むから死んでくれ」

これ言われた時、死ねなかったのはゼファー本人も分からないし
教えて欲しいのは寧ろゼファー自身もだろうし
こんな目の前で一番痛いとこついてくる言動の数々に
それはもう計り知れない罪悪感みたいなのも疼いて仕方ないんだと思う


でもそれからも前向きに、そんな運命に抗う生き方を見て…
めっちゃめちゃ格好良いって思って憧れた
自分の存在を否定された時、もしくは自分を否定したい時に
ふとゼファーの事を思い出すこと多くて勇気が不思議と出た

あんなに周りから否定され続けてきて自分自身でも否定するゼファー見て
自分が生きてる存在や事実さえ、世間的には抹消されてて
それでも前を向いて嘆きながらも自分の中の何かと戦い葛藤してて
そういうの見て、ほんと生き様が格好いいなって憧れた
自分を持ってるんだよな、強がったりするとこもあるけど


今から6年前くらいw
当時ね、悩み多き年にプレイしたゲームでもあり
かなり思い出補正も入ってしまってはいるけど

なんかゲームにしては話が妙にリアルなんだよな…
世間を斜めから冷めて見てるとことか
どこか悟り開いて廃れてるというかw
でもたまに溜った感情を一気に露になるとことか…
一度決めた事は突き進んでく感じも好きだし
近未来的な世界観だけど現代寄りの立ち振る舞いとか
身近に感じられる部分とか多くあって…


銃が武器のキャラを好きになる事が多くなる傾向は
EoEの影響、元よりゼファーの存在が私にとってかなり大きい
遠距離でも即座に対応出来るというか、単純に銃って格好良いなとw
アクションで映えるし、まあ剣も良いんだけどねw
元々はFPS(主にCOD)とかWAシリーズとかバイオやサバゲー大好きで
それに拍車をかけたのがEoEみたいなw

滅多に主人公に惹かれるというか、作中内だと
知ってる人は分かると思うんだけどww
私、特に漫画だと大概ライバルが好きで
主人公と真逆に好みが向く事が多くてw

逆にこういうシリアス展開が大きい、悪くいうと鬱ゲーな
王道ではない不幸な主人公が好きになる事多いです…
何か代償というか、そういうの背負いながら生きてます主人公してます
みたいなのがすごく好きで、色褪せた近未来的な世界観とかもろ好みです
他のゲームでいうと有名所のテイルズで例えたらエクシリア2ですねw

ハッピーエンドしか許せないみたいな人とは合わないかもww
いやハッピーエンドも好きだよw

でもメリーハッピーエンド、もしくはビターエンドが好みです
私が変わった趣向してるからかもだけどもw
なんだろうな、万人に受ける為のご都合展開が好きじゃなくてw
ちゃんとキャラに見合ったEDが好きで、そのキャラが満足しているんだったら
それが一番いいんじゃないかなって…思考です

キャラもだけどシナリオかなり重視してしまうし
何度も言う様に過去回想で度合いが決まるって
今まで何度も言ってきたけど、そのキャラが今に至るまでの
何があって今こうしてるのかが凄く気になってしまう性癖って言っても良いかも知れないww


その全てがEoEの世界観やゼファーの人生観に近く大きかったかなと…
まだコスもリウマチになる以前にしたキャラだからゼファーは
おかげで、マシンガン…もう持てないだろうなーって思ってたなw
関節や骨とか筋力が衰える前からマシンガンほんとうに重たくてww
あれを今に持てるか構えられるかっていう、リベンジしたくても
中々出来る機会が昨年はなく…

あれから男装も沢山寧ろ昨年して、もう一度、今一度ゼファーしたい
自分への誕生日プレゼントと思ってリハビリあんなに頑張れたのも
ゼファーの為と思う一心で乗り切れたのも嬉しいし

ゼファー 投稿3


過去の健康状態の自分には勝てない…と心のどこかで決めつけてた…
でも超えられたなって写真見て一目瞭然だったし
カメラマンさんのお力が凄くあるけどw
もう、なんというか、宝物です…
やっぱり周りとかじゃなくて、自分の中で前の時より
手応えというかキャラに近づけたって少しでも前回より
部分的でも上手くいった時、形になった時は満足で
何か手探りだったのをちゃんと掴めた感覚…すごく幸せ…

カイブに一気に4枚も載せてしまったけどもww


今週末もゼファーしてきます!
教会ってことでね、外が洋風なとこあったり
外の雰囲気が合いそうと思いまして…
教会前で意味深っぽいの撮れたらと思います♪


長くなりました、暇ある時にこんな感じで
不定期に好きなキャラの事で考えたり思ったりした事とか
書き留めれたら良いなくらいなので、二回目は何のキャラなのか

順不同だけど私が頻繁にコスしてるしてたキャラは書く可能性高いですww
それもまたこんな文章になると思いますw

ゆるく気軽に、こいつはこんな事を思ってこのキャラが好きなのか
そういう事を思ってコスしてんのかくらいで
読んでもらえたら幸いです…w
スポンサーサイト

[edit]

カウンター

プロフィール

リンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ